長水城(ちょうずいじょう)

長水城は、南北朝時代に播磨守護 赤松則祐が築いたとされ、嘉吉の乱(1441年)以降は宇野氏の城として使用されました。宇野氏は羽柴秀吉の播磨責めに最後まで抵抗したが、奮闘むなしく天正8年(1580年)に落城、ここに播磨の戦国時代の終焉となりました。中世山城としてはめずらしく高石垣が残っています。山頂本丸からの見晴らしもよく、篠ノ丸城や聖山城といった山も見渡すことができます。本丸跡地には信徳寺というお寺があり、他の山城とはまた違った趣があります。登山道の一部は平成30年豪雨の影響でかなり荒れているため注意が必要です。

所在地
宍粟市山崎町宇野
お問い合わせ

しそう森林王国観光協会

TEL 0790-64-0077

 Language