西播磨の山城

西播磨の山城

長水城

概要

主な城主:広瀬師頼、宇野政頼
標高:584m
形態:連郭式山城(中世)

山頂部が山城跡になっている。
山頂の最高所に本丸、尾根に沿って南に二ノ丸、更に南の尾根の先端に三ノ丸が配置されていた。本丸の主郭部には、石垣が築かれている。とても高く見ごたえがある。本丸跡には「信徳寺」というお寺がある。そのほか、曲輪、堀切、などの遺構が残っている。
市街地より北西に約5km、五十波地区と宇野地区に跨りそびえる標高訳584mの長水山上に築かれた山城で、播磨北西部の城としては規模が大きく、現在信徳寺の本堂が建つ山頂部に東西約10m、南北約23mの主郭を置き、南北と北東方向へ延びる尾根を約100mにわたり段々に削平して郭を設けている。主郭の石垣は最高で約6mあるが、大部分は後世に積み直されたものと考えられている。
なお、宇野地区の伊水小学校は大手口の居館跡と推定されており、地名などの残りからこの地域には原初的な城下町があったものと推測されている。また、搦手口の五十波地区にも五十波構(いかばがまえ)と呼ばれる平城があった。

山城ピクトグラムについて

見どころ
ポイント
(山城ピクトグラム)
コース
タイム
標高 584m
体力度 ★★★★☆
技術度 ★★★★☆
対象 中級者
駐車場 伊沢の里駐車場をご利用いただけます。
トイレ 伊沢の里ふるさと広場内
備考 コースMAPのP1駐車場まで車で行くこともできます。

【歴史】

 南北朝期に赤松円心の三男則祐によって築かれ、その後、則祐の四男・広瀬師頼(広瀬氏の祖)が城を受けついだが、1441年の嘉吉の乱で落城している。その後、応仁の乱に乗じて赤松嫡流家が再興を果たした後に城主となった。
宇野氏は、則高、則清の2代までは重臣として赤松嫡流家を支えていたが、村頼、政頼の代になると、播磨に侵攻してきた尼子晴久と手を組むようになり赤松嫡流家と敵対するようになる。政頼は、支城・篠ノ丸城城主であった嫡男満景を粛正し弟の祐清を後継に据えている。戦国末期に至ると東の織田と西の毛利の間で翻弄され、1577年に毛利攻めのため秀吉が播磨に入ると一旦は織田に恭順の意を示したが、翌年の上月合戦で織田方の尼子勝久が救援なく見捨てられる様を見るや毛利に寝返り、織田に敵対することとなった。
 天正8年(1580年)4月、聖山城に本陣を置いた羽柴秀吉は宇野方の拠点を次々と攻略して長水城に迫り、所々に砦を構えて包囲を固め一端英賀(姫路市)へ転戦した。同年5月、奮闘むなしく城を脱出した宇野政頼・祐清父子は美作方面へ逃れようとしたが、蜂須賀家政・荒木重堅・神子田正治らの軍勢に追いつかれ、千種大森で討ち死にしたとされる。
 なお、江戸後期成立の『長水軍記』は、黒田官兵衛の調略で裏切った家臣の放火により長水城が落城したと伝えられている。その真相は不明であるが、宇野氏の滅亡によって播磨の反織田勢力は一掃され、当時の戦国時代は終焉することとなった。
 その後、宍粟は神子田正治、次いで黒田官兵衛らの領地となり、元和元年(1615年)宍粟藩主となった池田輝澄が山﨑城を築城して近世城下町を整備し、長水城はその役割を終えることになった。

動画

実際に山城に登っている様子を動画でご覧いただけます。

縄張り図(参考図)

「中世播磨250の山城」(中世城郭研究家 木内内則)
(  )は西播磨ツーリズム振興協議会で補足しました。

コースMAP

※伊沢の里からP1まで車で行くこともできます。 ※林道なのでお気をつけください。
※P3へは伊水小学校の校門のすぐ北から進入できます。

見どころポイント

  • 長水城跡

    山頂には、約24m×約16mの本丸跡があり、東・南・北側には石垣が築かれ、長水城の特徴となっています。

  • 本丸石垣

    本丸跡を取り囲む石垣は、高さ約5mを測り、宇野氏の勢力を物語る勇壮な姿を見せています。

  • 三ノ丸

    南方向に延びる尾根の先端には、約10m×約15mの郭があり、山崎の町並みや篠ノ丸城跡を一望できます。

  • 水場

    五十波方面からの登山道を信徳寺の直下までたどり着くと水場があり、現在も水を湛えています。

  • 二ノ郭からの眺望

    長水城主郭南側の「二ノ郭」からの素晴らしい眺望。遠く瀬戸内海まで見渡せます。

  • 城主 宇野氏の追悼碑

    黒田官兵衛の調略により落城した長水城主、宇野氏の追悼碑が主郭跡にひっそりと佇んでいます。

登山口までのアクセス

※Google マップでは伊沢の里駐車場を表記しています。

TOPへ

西播磨山城ファンクラブ募集中