西播磨の山城

西播磨の山城

楯岩城

概要

主な城主:赤松則弘、赤松貞村
標高:約250m
形態:中世の山城

巨石が楯のように並んでいることからその名がついたと言われる。現在テレビ塔の建つ場所が本丸跡。南と西北にのびる尾根上に、二の丸、三の丸があるかなり大規模な山城であったとも言われる。 

山城ピクトグラムについて

見どころ
ポイント
(山城ピクトグラム)
コース
タイム
標高 約250m
体力度 ★★★☆☆
技術度 ★★★☆☆
対象 初心者
駐車場 あり。バス駐車不可
トイレ あり(登山口の若王子神社)
備考 車両侵入後、必ず獣害防止柵を閉めてください。

【歴史】

楯岩城は、室町時代から戦国時代の頃の山城で、揖東郡(今の揖保郡(いぼぐん)の一部)と飾西郡(今の飾磨郡(しかまぐん)の一部)の境、眼下に山陽道を望む重要な地点にあります。
江戸時代の地誌『播磨鑑』によると、城主は赤松刑部少輔(弘(広)岡氏の祖)で、嫡子次郎泰秀が相続して、しばらくはここにいましたが、やがて加東郡に移りました。嘉吉のころに伊豆守貞村が移り住み、城山合戦(嘉吉元年、1441)に討手として加わり、武功をたてました。その嫡子彦五郎教貞、次に兵部少輔範行、次に左馬介元軌、そして次郎太郎左馬介元助まで五代続き、天正年中まで栄えて、幕下の諸家中が近燐に住んでいました。永正18年(1521)の播磨国守護・赤松義村と守護代・浦上村宗の争いでは、緊迫した様子が『鵤庄引付』に記されています。そして、羽柴秀吉が播磨国を治めるようになって廃城になりました。また、城主の日頃の館は上太田に、そして、幕下の竹川主殿介が山田、鎌田源次左衛門久種が黒岡、姿見十郎太夫清行が下村、泥田左膳元近が西山に構居を作って住み、城を守っていたようです。
とはいえ、『播磨鑑』は楯岩城が機能していた200年以上後に書かれたもので、お城のあったその時代に書かれた資料はないか、となると、『鵤庄引付』の永正18年(1521)1月から2月の記事(播磨国守護・赤松義村と守護代・浦上村宗の対立と広岡殿の動き)、天文10年(1541)3月に鵤荘政所)の快栄が法隆寺に送った年貢未払い者のリスト(前年、尼子詮久配下として年貢を納められなかった)の2つくらいしかありません。
龍野城主・赤松政秀と姫路城主・黒田官兵衛が永禄12年(1569)に戦った青山の合戦では、この楯岩城の位置が大変重要であったと伝えられていますが、記録が残されていないことが残念です。

動画

実際に山城に登っている様子を動画でご覧いただけます。

縄張り図(参考図)

「中世播磨250の山城」(中世城郭研究家 木内内則)

コースMAP

道に迷わないように色付き紐を目印に登山・下山してください。

見どころポイント

  • 個性豊かな彫刻が彩る登山口案内看板

    龍田小学校と太田小学校の児童たちが卒業記念に作った登山口案内看板。

  • 訪れる者を圧倒する巨石の数々

    古墳として、また磐座(いわくら)として岩そのものが信仰の対象となっているものも残存しています。

  • 巨石の郭(くるわ)壁

    巨石で作られた郭壁。かつての栄華を今に伝える遺構のひとつです。

  • 二の丸・三の丸の尾根沿いに残る遺構

    主郭から南西に伸びる尾根沿いを観察すると、当時の技術に触れられる土塀跡や石垣を見つけることも。

登山口までのアクセス

※Googleマップでは駐車場をご案内しております。

TOPへ

西播磨山城ファンクラブ募集中