西播磨の山城

西播磨の山城

坂越浦城・茶臼山城

概要

主な城主:山名持豊、赤松村秀
標高:坂越浦城は標高20mほど。
茶臼山城は標高160m程度
形態:丘城もしくは海城(現在は公園)

坂越浦城は標高20mほど。茶臼山城は標高160m程度で山城登山というよりは軽いトレッキング感覚で登れます。坂越浦城は、大避神社の西側で現在は公園になっていて、その北側に茶臼山登山口がある、茶臼山への道は、NHKのテレビ中継所を建設する際に整備され、車で上がることができる。頂上は東西27m、南北13mの平坦な土地が広がっているが、遺構らしきものがほとんどない。

山城ピクトグラムについて

見どころ
ポイント
(山城ピクトグラム)
コース
タイム
標高 坂越浦城は標高20mほど。茶臼山城は標高160m程度
体力度 -
技術度 -
対象 -
駐車場 坂越浦の駐車場利用
バス駐車可
トイレ 坂越浦城にトイレがある
備考 車で茶臼山まで行くこともできます。

【歴史】

『赤穂郡志』によると、1441年の嘉吉の乱によって、播磨国守護・赤松満祐を滅亡させた山名宗全が、乱の後、赤松氏残党の逆襲に備えて、茶臼山城を築城した。乱から14年後の1455年、赤松満祐の子・教康と甥の則尚らが、茶臼山城の山名氏を攻めようとしましたが、あえなく敗れ、自害したと伝えられる。 赤松総領家再興後、守護代赤松村秀による坂越港支配の拠点となった。

コースMAP

見どころポイント

  • 坂越浦城跡展望広場

    龍野城主「赤松下野守村秀」の通城で、主に坂越浦を監視する役割を担った坂越浦城跡。現在は美しく整備された公園として市民や観光客に愛されています。

  • 大避神社

    644年、蘇我入鹿から逃れた秦河勝が祭神とされています。またこの神社には「12という数字」にまつわる多くの謎が残されておりミステリーを探しながら散策するのも楽しい。

  • 妙見山観音堂

    大避神社の神宮寺だった寺で、宝珠山山腹にある観音堂。4枚の三角形を合わせたお堂の屋根はエジプトのピラミッドと同方向を向くと言われるパワースポット。

  • 妙見寺奥の院

    山腹には16の坊舎と9つの庵を構えたという妙見寺。僧兵一揆などでほとんどが焼失し、現在では観音堂、薬師堂とこの奥の院が残るのみとなりました。

  • 和田一族の五輪塔

    後醍醐天皇と足利尊氏の争いの中、南朝側についた備前熊山の和田範長一族5名が赤松円心に追い詰められ自害したとされる和田備後守範長公一族五霊位の墓所

  • 旧坂越浦会所

    赤穂藩の支所であり茶屋、また坂越村の会所として明治時代まで使用されてきた歴史的建造物です。

登山口までのアクセス

※Googleマップでは駐車場をご案内しております。

TOPへ

西播磨山城ファンクラブ募集中