西播磨の山城

西播磨の山城

城山城

概要

主な城主:赤松則祐、赤松満祐、尼子晴久
標高:458m
形態:古代山城、連郭式山城(中世)

亀山(きのやま)の山上に位置する。奈良時代の古代山城と室町時代の中世山城が同じ場所に立地しており、 非常に珍しい。石塁(全長約40m、高さ約3m)や「門の築石(つきいし)」と呼ばれる門礎など古代山城の遺構と、堀切や郭(くるわ)など中世の山城の遺構がそれぞれ残っている。

山城ピクトグラムについて

見どころ
ポイント
(山城ピクトグラム)
コース
タイム
標高 458m
体力度 ★★★★★
技術度 ★★★★★
対象 上級者
駐車場 越部西公園駐車場を利用 駐車場は広いが、アクセス道が道幅がないため、中型バスまで。
トイレ 越部西公園駐車場内のトイレ
備考 ルートが何本もあり、下調べをしてから登ることをオススメします。

【歴史】

天智2(663)年、日本・百済連合軍は、唐・新羅連合軍に白村江の戦いで敗れる。城山城は、大和朝廷が唐・新羅連合軍の侵攻に備えて、西日本各地に築城した山城のひとつと考えられる。築城には百済から亡命してきた技術者が協力。中世の城山城は、赤松円心の三男則祐が1352年ごろから20年以上かけて整備したことが矢野荘の古文書に残る。則祐の孫満祐まで3代90年近く赤松氏の城であったが、嘉吉の乱(1441年)で幕府軍に攻められ、一族70人近くが自刃して果てた。その後、100年近く荒廃していたが、1538年に山陰の戦国大名、尼子晴久が播磨へ侵攻する際に2年間本拠としたが、その後は使われず、廃城となった。

動画

実際に山城に登っている様子を動画でご覧いただけます。

復原図

「中世播磨250の山城」(中世城郭研究家 木内内則)

縄張り図(参考図)

「中世播磨250の山城」(中世城郭研究家 木内内則)

コースMAP

見どころポイント

  • 馬立古墳群

    古墳時代後期の円墳(径約18m・高さ約6m)で横穴式石室は穹窿式と呼ばれるドーム型状です。

  • 供養塔

    城山城の北尾根上にのこる石碑で、南無阿弥陀仏の文字がかろうじて認められます。推定では室町時代以降のものと思われます。

  • 蛙岩

    山頂にある巨石で、頭を東方に向けた蛙に見えることからこの名が付いたとされています。

  • 亀岩

    山頂にある巨石で頭を東方に向けた亀に見えることからこの名が付いています。

  • 亀ノ池

    付近からは弥生土器も出土しており、弥生時代には高地性集落が存在した可能性があります。

  • 城内最大の堀切

    城山城には大きな堀切が北、西、南側にあり、西側に残る堀切は城内最大のものです。

3つの門の築石(つきいし)

古代山城の門の礎石。3つの巨石からなり、東西には凹型の石、中央には扉が閉じ合わさる石があります。 当初の位置からはずり落ちて下方で見つけられます。

  • 井戸

    主郭の北西には、今も湧水を続ける井戸があり、その周囲を石材で囲んでいます。

  • 主郭跡

    井戸から南東に広がる削平地が、城山城主郭跡とされています。

  • 三基墓

    中央に文字「ア」を彫った板碑、右に不動明王、左側に五輪塔残欠を配しています。嘉吉の乱で亡くなった兵士や自刃した武将のお墓とされています。

  • 礎石建物址

    5間×7間の総柱建物跡の礎石。 ここに本堂があったものと考えれています。

登山口までのアクセス

※Googleマップでは駐車場をご案内しております。

TOPへ

西播磨山城ファンクラブ募集中