西播磨の山城

西播磨の山城

感状山城

概要

主な城主:赤松則祐
標高:301m
形態:連郭式山城(中世)

感状山城跡(かんじょうざんじょうせき)は、相生市矢野町瓜生(やのちょううりゅう)と矢野町森(やのちょうもり)にまたがる標高301mの感状山(かんじょうさん)の尾根上に築かれていました。規模が雄大で眺望がよく、人の手による破壊などもなく、石垣や建物跡・礎石、井戸跡などの遺構が比較的よく残されているといった点では、播磨地方の代表的な中世の山城の遺構です。
昭和60年度から3カ年をかけて行われた発掘調査の結果、多くの建物群が発見され、曲輪(くるわ)群の全貌が明らかにされました。現在の総石垣による曲輪の構えから考えると、当初からのものではなく、後世に手を加えたもので、戦国時代(1467年~1568年)にこの周辺を支配した宇喜多(うきた)氏の手によって改修されたものではないかという説もあります。

山城ピクトグラムについて

見どころ
ポイント
(山城ピクトグラム)
コース
タイム
標高 301m
体力度 ★★★☆☆
技術度 ★★★☆☆
対象 初級者
駐車場 あり。バスの駐車可(中型可)
トイレ 里の店のトイレを利用
備考 登山道が整備されていて登りやすいです。

【歴史】

鎌倉時代(1192年~1336年)に瓜生左衛門尉(うりゅうさえもんのじょう)が築いたとする説と、建武3年(1336年)赤松円心(あかまつえんしん)の三男・赤松則祐(あかまつそくゆう)が築いたとする説があります。
建武年間(1334年~1336年)、足利尊氏(あしかがたかうじ)の追討をしていた、後醍醐天皇方の建武政権軍、新田義貞(にったよしさだ)率いる軍勢を赤松円心の三男則祐が奮戦し、50余日にわたり足止めをした結果、足利尊氏の反撃の機会を与えることとなったことは歴史上有名です。この功績により、後に、室町幕府を開いた足利尊氏が、赤松則祐に感状(かんじょう)を与えたことから感状山(かんじょうさん)と呼ばれるようになったといわれています。

動画

実際に山城に登っている様子を動画でご覧いただけます。

復原図

「中世播磨250の山城」(中世城郭研究家 木内内則)

縄張り図(参考図)

「中世播磨250の山城」(中世城郭研究家 木内内則)

コースMAP

※山城中での現在地の確認はARアプリ「西播磨の山城へGO」をご利用ください。

感状山城跡ガイドマップ

見どころポイント

  • 物見岩

    感状山の最南端に位置する物見岩。構成する巨石や巨岩の数々は圧巻の撮影スポットです。

  • 井戸跡

    南側大手門の近くには、箱型の石組の井戸跡があります。底には粘土を敷いた跡もあり、夏でも水深30cm程度の水で満たされ、涸れることはないと言われています。

  • 南曲輪群からの眺望 

    城の南側の曲輪からは広く相生の街並みと共に遠くは赤穂市を望めます。正面に尼子山をはじめ、晴れた日には瀬戸内海も一望できる眺望スポットとして人気です。

  • 南曲輪群

    自然の山の尾根を利用して、6つの削平地を階段状に造った曲輪群。大手門からの敵の侵入を防ぐ要所となっていたと考えられます。

  • Ⅱ曲輪の犬走り

    北Ⅱ曲輪と南Ⅱ曲輪からなる石垣の西側には、犬走りと呼ばれる3m〜4m幅の帯状の曲輪が配置され、敵が侵入しにくいようにしていたと考えられます。

  • I曲輪の石垣

    今も残る石垣をはじめ、後の発掘調査で発見された水溝や石組み、礎石の配置などから敷地いっぱいに本丸御殿が築造されていたとされます。

登山口までのアクセス

※Googleマップでは駐車場をご案内しております。

TOPへ

西播磨山城ファンクラブ募集中