西播磨の山城

西播磨の山城

尼子山城

概要

主な城主:尼子将監(義久)
標高:259m
形態:連郭式(中世)

登山口は麓の誓教寺近くの尼子神社から登る。
標高259メートルと低山ですが、急斜面が連続しており体力も必要。要所要所にはロープも張られ安全対策がされている。
尼子山には「尼子の大岩」や「尼子の巨石」など、見る者を圧倒する巨石に出会う。今にも転げ落ちそうにも見える岩は、敵への攻撃に備えた物とも、自然のままの岩とも伝えられている。その神秘的な様に人々は畏怖の念を感じてきた。
立派な磐座(いわくら)が楽しめる絶好の山であり、頂上からは瀬戸内海も望める眺望が人気。

山城ピクトグラムについて

見どころ
ポイント
(山城ピクトグラム)
コース
タイム
標高 約259m
体力度 ★★★★☆
技術度 ★★★★☆
対象 上級者
駐車場 千種川の河川敷駐車場を利用
バス駐車可(中型)
トイレ なし
備考 山頂からの眺望は瀬戸内の島々を一望できます。

【歴史】

天文7年(1538年)、尼子氏の播磨侵攻により一時尼子氏の城となる。
再興を目指す赤松総領家の内紛に乗じて、天文21年(1552年)頃には山陰、山陽8カ国、約120万石の太守となった晴久が「城山城」を拠点に支配を拡大させ、尼子山城もそのひとつとして治めていた。
しかし、中国地方の争いが激化したため、数年の後には撤去を余儀なくされた。一時期尼子山城には晴久の命により義久が城代として入城していたとされる。
毛利軍の攻撃の際には既に尼子山城には居らず、この地で最期を迎えてはいないが山麓には義久公の墓石が残されている。
毛利と尼子の戦いには伝承が残っており、正面から攻めた毛利軍は天然の要塞とされる尼子山城を攻めきれず苦戦を強いられていたところ、一人の老婆に抜け道を教え導かれ、尼子軍を背後から不意打ちし城攻めを成功させたと言われています。

動画

実際に山城に登っている様子を動画でご覧いただけます。

縄張り図(参考図)

「中世播磨250の山城」(城郭研究家 木内内則)

コースMAP

見どころポイント

  • 山麓に佇む尼子将監の墓石

    登山口へと続く藪林脇に、佇む尼子将監(しょうげん)とされる墓石。今も地元市民により大切に守られています。

  • 山頂にある尼子神社

    頂上まで登ると尼子山城跡標識と脇には尼子将監(義久)を主祭神とする尼子神社が祀られています。

  • 尼子神社の石鳥居

    山頂近くに現れる石の鳥居。これより先は神域となる尼子神社への参道。

  • 尼子の大岩

    攻め上る敵を迎え撃つための軍用石ではないかと伝えられる大岩。八合目付近に見られますので、ぜひ探してみてください。

登山口までのアクセス

※尼子山神社を表記しています。車で移動の際はコースマップで表記した駐車場の位置にピンを立てて検索してください。

TOPへ

西播磨山城ファンクラブ募集中