宮本武蔵生誕の地

みやもとむさしせいたんのち

宮本武蔵生誕の地

宝暦12年に書かれた地誌「播磨鑑」に当時宮本武蔵が太子町で生まれたと記されています。又晩年の武蔵を知る唯一の史料「五輪書」に武蔵が自ら「生国播磨の武士…」と記載されています。しかし、武蔵に関する資料は集落の2回の大火災で全て灰となってしまいました。現在武蔵生家跡として言い伝えられた場所には古井戸が残っているだけです。

所在地 〒671-1555 兵庫県揖保郡太子町宮本
問い合わせ先 太子町観光協会
TEL:0792-77-2566
アクセス JR山陽本線網干駅下車、タクシーで約10分
駐車場 なし