斑鳩寺

いかるがでら

斑鳩寺

法隆寺領播磨国斑鳩荘の中核として創建された名刹。仁王門、講堂、聖徳殿三重塔など伽藍配置は法隆寺によく似ています。往古には七伽藍数十の子院が甍を並べ壮麗を極めましたが、出雲の尼子氏の侵入で播磨が混乱していた天文10年(1541年)4月7日の夜明け前の出火で全焼してしまいました。その後、円勝院昌仙らが龍野城主赤松下野守政秀らの援助を受けて永禄年間までにほぼ再建されました。「お太子さん」として広く信仰を集めています。

所在地 〒671-1561 兵庫県揖保郡太子町鵤709
問い合わせ先 斑鳩寺
TEL:0792-76-0022 FAX:0792-76-3433
お休み 無休
入園料 宝物館見学のみ 500円(要予約)
アクセス JR山陽本線網干駅下車、南口〜神姫バス山崎行きに乗車約10分「鵤」バス停下車、徒歩300m
姫路駅前より神姫バス龍野行き乗車、約30分「鵤」バス停下車、徒歩300m
詳しくはこちら→Google マップへ
駐車場 無料駐車場あり