城山城跡

きのやまじょうせき

城山城跡

この城跡は、播磨の守護職赤松満祐が時の将軍、足利義教を京の自邸で殺害した「嘉吉の乱」(1441年)の舞台となりました。
京都から播磨に引き揚げた満祐は、山名持豊(宗全)等の率いる二万の追討軍を迎えて各地に戦った末、ここを最後の拠点としましたが、遂に戦況の挽回はならず、満祐以下5百余名はこの山城で非業の最後を遂げました。
山頂の供養塔付近から約100mほど行くと、神話の伝説を持つ亀の池があります。高い山上にありながら澄んだ水を満々とたたえ、城跡の山を写して静まる姿は、訪れる者をしばし瞑想の世界へ誘い込まずにはおかない神秘ささえ感じさせます。

◆ お城跡めぐり情報はコチラから
→ 城山城

所在地 〒679-4332 兵庫県たつの市新宮町馬立
問い合わせ先 たつの市教育委員会 文化財課
TEL:0791-75-5450
アクセス JR姫新線東觜崎駅から徒歩20分