ちくさ手漉和紙工房

ちくさてすきわしこうぼう

ちくさ手漉和紙工房

和紙作りにとって一番大事な水を、宍粟市千種町を訪れ水を一口飲んだ時にこの地に決めたという吉留氏が作る手漉和紙。和紙の中でも最高級とされる雁皮紙にこだわり、化学薬品を一切使わず、昔ながらの方法で作られています。

所在地 〒671-3232 兵庫県宍粟市千種町河内533-1
問い合わせ先 ちくさ手漉和紙工房
TEL:0790-76-3716
開館時間 10:00〜17:00
お休み 不定休  
※施設見学の場合は事前に問い合わせをお願いします。
入園料 見学は無料
アクセス 中国自動車道山崎インターから約30km
詳しくはこちら→Google マップへ
駐車場 約2台