赤穂城跡

 あ こ う じ ょ う せ き

赤穂城跡

浅野長直の指示によって慶安元年(1648)から13年の歳月をかけて築かれた城で、近代城郭史上非常に珍しい変形輪郭式の海岸平城です。軍学に従って築かれた城であり、徳川幕府が始まって約50年後に築かれたにも関わらず、構造は戦を強く意識しており、複雑に折れ曲がる石垣、角度を違える諸門に特長があります。城内には赤穂義士で有名な大石内蔵助の旧宅長屋門や大石神社などがあります。昭和46年に国史跡指定を受け、平成14年には本丸庭園と二之丸庭園が国の名勝に指定され、文化財の修復・復元はもちろん、都市公園としての整備も進んでいます。

◆ お城跡めぐり情報はコチラから
→ 赤穂城

所在地 〒678-0237 兵庫県赤穂市上仮屋
問い合わせ先 赤穂市教育委員会 TEL:0791-43-6858
開館時間 9:00〜16:30
入園料 無料
アクセス Google マップへ
駐車場 あり