赤穂緞通加里屋工房

 あ こ う だ ん つ う か り や こ う ぼ う

赤穂緞通加里屋工房

 赤穂緞通は、江戸時代末期、児島なかによって考案されました。すべて手作業によるもので、その独特な色合いと文様は当時の人気を得、皇后の御召列車や東宮の御船、枢密院玉座の敷物として利用されるなど、堺、鍋島と並ぶ三大緞通に発展しました。戦後復活し、その織方技法は赤穂市指定文化財にもなりました。加里屋工房では織る様子を見学でき、機織体験もできます(有料)。

所在地 〒678-0239 兵庫県赤穂市加里屋2073-4
問い合わせ先 赤穂緞通加里屋工房 0791-45-0606
開館時間 ・公開時間/10:00〜12:30、14:00〜16:00
・機織体験/10:00〜16:30(所要時間4〜5時間)
お休み 第2,第4日曜日、祭日
入園料 ・見学無料
・体験2700円〜(2〜3日前までに要予約)
アクセス JR播州赤穂駅より徒歩10分
詳しくはこちら→Google マップへ
駐車場 工房前に駐車スペース数台